お風呂の蛇口からの水漏れも焦らない!対処法を理解しよう

お風呂の蛇口からの水漏れも量が少なければそれほど焦ることもありませんし、時間がある時に直そうと考えることもできます。
しかし漏れている水の量が多いとパニックを起こす方も多く、あわてているうちに脱衣所にまで水が浸水してしまったなどもよく聞く話です。
お風呂からの水漏れでも焦ることなく対応できるよう、対処法を理解しておくことが必要です。

対処法の前に一番大切なこと!「水の元栓を止める」

お風呂から水が漏れている時もそうですが、トイレでもキッチンでも同じです。
まずは流れている水を止めるため、水の元栓を止めてしまいましょう。
水道の元栓は一軒家のお宅なら自宅を出て敷地内の地面にあります。
地面に入っているボックスの蓋を開けて元栓を締めれば、住居内のすべての水が止まります。

マンションなどの集合住宅では玄関を出て横の壁の内部に入っていますので、扉を開けて元栓を締めます。
こうすることで水が止まりますので、落ち着いてその後の処理ができるのです。

漏れた水をふき取るのも重要なこと

漏れた水が脱衣所にまで広がってしまったという時には、広がった水をきれいにふき取ります。
それから業者に連絡するようにしましょう。

一軒家では水の被害があっても自分たち家族の家が被害に合うだけなのですが、集合住宅の場合、漏れた水をそのままにしておくと階下に水が浸入する事があるのです。
壁を伝い下に漏れていくので、階下のお宅の壁、また家具や家電などを傷めてしまう可能性があります。
すぐに水をふき取り、なるべく被害が広がらないようにすべきです。

原因はなにか?対処法がわかるようなら修理してみよう

業者をすぐに呼んでもいいのですが水はもう止まっているはずなので、自分で水漏れの原因を探っていてもいいでしょう。
蛇口の水漏れの多くの原因が、パッキン、バルブカートリッジの劣化です。

お風呂の蛇口はシングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓がある、シングルレバーの場合はバルブカートリッジ、ハンドルタイプの場合はパッキンの交換を行ってみるといいでしょう。
これで水を流してから止めてみて止まるようなら修理完了です。
作業しても水を流してみると流れたままになる時には、自分で原因を特定する事が出来ないので、業者を頼る方がいいと思います。

お風呂の蛇口からの水漏れは接続部で起こることもある

給水管との接続部から水が漏れていることもあります。
接続部も内部にパッキンがはいっているので、パッキンの交換で直ることがありますが、接続部分を解体する事が必要なので、専用工具が必要です。

こうした工具を持っている人は修理してみてもいいかと思いますが、内部のことになると専門知識が必要なこともあるので、出来れば水を止めてから業者に連絡して修理してもらう方が安心でしょう。

工具などをあらかじめ持っていると対処法を実行できる

水栓の修理などには特殊な工具を利用することもありますが、レンチ、ドライバーなどの工具を持っていると何かと便利です。
水回りというと、お風呂のほかにもキッチン、トイレ、洗面などいくつかあります。
そのうちのどこで水漏れが発生するのかわかりません。
工具を持っていれば対処法を実行できますし、水回り以外でも修理に役だちます。

対処法を理解していればいざというときにも安心

業者のように蛇口について深い知識を持つ必要はありませんが、お風呂の急な水の漏れに応急処置的に対応出来たり、対処法を理解し修理する事が出来れば安心です。
特に地区年数が10年を経過した住宅は、水回りにトラブルが起こる可能性が強くなりますので、急なトラブルにもある程度対応できるようにしておく方がいいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】