お風呂の水漏れを自分で修理できるケースと修理方法とは

お風呂の水栓から水漏れしていた場合、ゴムパッキンの交換であれば、自分で簡単に行うことができます。
ゴムパッキンの劣化はお風呂の水漏れの原因として最も多いものなので、交換するだけで水漏れが改善されることもありますが、原因が把握できない場合や、修理に慣れていない人の場合、業者に相談をするほうが確実です。

お風呂の蛇口の水漏れを自分で修理できる場合とは?

ゴムパッキンの劣化が原因でお風呂の蛇口が水漏れしている場合、自分で修理することができます。ゴムパッキンとは、蛇口のパーツとパーツの間に挟まっている、円形の黒いゴムのことです。

ゴムパッキンは、蛇口の金属と金属の間の僅かな隙間を、ゴムの弾力性で塞いでいますが、劣化してくると隙間をカバーすることができなくなります。
蛇口の水漏れの原因で最も多いのは、ゴムパッキンの劣化です。

ゴムパッキンを自分で交換するには?

まずは水道の元栓を締めて水栓を分解

ゴムパッキンの劣化による水漏れを自分で修理する場合、ゴムパッキンを新しいものに交換するだけで完了します。ゴムパッキンはホームセンターなどで販売されていて、安価に入手可能です。

作業の前に、作業中に水が漏れてこないように、水道の元栓を締めてください。ドライバーで水栓に使われているネジを外したら、水の勢いを調整するレバーを外し、レバーと水栓を繋いでいるカートリッジのカバーを外しましょう。

ゴムパッキンを新しいものに交換

水栓のパーツを分解していくと、給水管に繋がっている部分や、パーツとパーツの間に、黒いゴムパッキンが見えてきます。

ゴムパッキンを新しいものに交換して、パーツを外したときと逆の順序で組み立てていけば作業完了ですが、ゴムパッキンの向きを間違えないように注意しましょう。上下にあるゴムパッキンが、向かい合うように設置してください。

まとめ

お風呂の蛇口から水漏れする原因として一番多いものは、ゴムパッキンの劣化です。ゴムパッキンの交換は素人でも行うことができ、自分で行えば安く済ませることができます。

しかし、蛇口からの水漏れの原因が把握できない場合や、自分で交換できない場合は、やはり水道業者に依頼することが最善です。プロに任せて確実な修理をしたいという人は、信頼できる水道業者に依頼するべきでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】