いつ頃が最適?浴室リフォームのタイミングをお教えします。

浴室のリフォームは時期を逃すと費用がかさむだけでなく、場合によっては健康に被害を及ぼすこともあります。
ここで大事なことはタイミングを見極めることで、リフォームのサインを見落とさないことです。
リフォームの時期に出るいくつかののサインを紹介しますので、そのサインがあったなら迷わずリフォームの検討をしてください。

浴室のリフォーム時期は新築から約20年と言われていて、次にあげることが見受けられるようになったらリフォームのタイミングとなるいくつかをご紹介します。

一つ目は築20年を超えていること。
このころから劣化が急激に進み、定期的なメンテナンスをしていないと建物の傷みも激しくなってきます。

二つ目は浴室の壁や床、浴槽にひび割れやサビが出ていること。ひび割れから湯水が浸入し、中を腐食させてしまう恐れがありますので、早急な処置が必要です。

さらに、カビがひどくなってくることもリフォームのサインです。カビは胞子で増えますが、その胞子は人の肺の中にも入り込み、様々な症状を引き起こすとされています。
また浴室の外壁にしみ出したような跡がる場合も要注意です。構造部分まで腐食が進行している疑いがありますので、早めに業者にみてもらってください。

浴室のリフォームを行うタイミングは、早め早めの対応に尽きます。例えば木造家屋は劣化が進むと湯水が染み出し、浴室構造部を腐食させる可能性があり、マンションならば漏水のリスクもあり損害賠償の案件にもなりかねません。

そうなる前に先に手を打つことが余計な出費を抑え、節約につながるのです。
またこの10年ほどで住宅設備は急速に進歩しているため、最新の省エネに配慮された設備なら、水道や光熱費の削減ができ掃除やお手入れが楽にできるようにもなります。

家庭におけるエネルギー消費のうち、お湯を沸かすために使うエネルギーの割合は多いため、年間のランニングコストに大きな影響を及ぼします。

腐食の前に早めにリフォームをするということは、余計な修繕費用が掛からないと同時に、節約効果の高い設備に変えることで水道光熱費のランニングコストも見直せるということです。

また年間のコストにはお金だけではなく時間的なコストも含まれていますが、リフォームすることにより掃除などの家事にかかる時間と費用の節約にも役立つのです。
そうすることで時間的に余裕が生まれ、趣味の時間に充てることができ、将来に向けて少しでも多くの蓄えを残すことができるのです。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】