浴室リフォームを戸建てで行うときの3つの注意すべきポイントとは

戸建てでの浴室リフォームは、マンションのように制限が多くはありませんが、浴室のサイズに合ったユニットバスを選ぶこと、浴室の形がユニットバスに合わないこと、補修工事が必要になる可能性があるなど、戸建てならではの注意点あります。事前に注意点を把握して、浴室リフォームに慣れた業者を選ぶことがポイントです。

浴室のスペースや形に注意

浴室の大きさに合ったユニットバスを選ぶ

戸建て住宅で在来風呂からユニットバスにリフォームをする場合は、もともとの浴室の大きさに合ったユニットバスを選ぶ必要があります。

ユニットバスは各メーカーから、さまざまな大きさのものが発売されています。また、高さや広さが可変のユニットバスもあるので、浴室に合わせて選びましょう。

浴室の形に問題はないか確認する

浴室の形に問題がある場合は、間取りの変更をしなければならない可能性があるため、浴室が正四角形ではない場合や、天井に傾斜がある場合には注意してください。

最近では傾斜のある天井でも設置可能なユニットバスもありますが、選ぶユニットバスの種類によっては、間取りを変更する必要があります。リフォーム工事に間取りの変更が加わると、当然、費用も増えるので、予算が不足することも考えられでしょう。

浴室リフォームを戸建てでする場合補修が必要なことも

在来工法の浴室が設置されている場合、タイルのひび割れなどから水が滲みて、戸建てに修復箇所が見つかることもあります。下地や基礎などに修復が必要な場合、リフォーム費用に加え、さらに補修費用がプラスされるのです。

下地や基礎にどのくらいダメージがあるかは、浴室のタイルを剥がしてみなければわからないので、補修の可能性があることも考えて予算を組むようにしてください。

まとめ

戸建てで浴室リフォームをする場合、浴室の大きさに合ったユニットバスを選ぶこと、浴室の形によっては間取りの変更が必要となる可能性があること、下地や基礎の補修が必要な場合があることなど、戸建てならではの注意点があります。

特に、間取り変更や補修で追加の工事が必要になると、リフォーム工事の難易度が上がり、費用も多く必要です。リフォーム工事の難易度が上がった場合に備えて、浴室リフォームに秀でた専門業者に依頼するべきでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】