マンションで浴室をリフォーム!知っておきたい注意点

マンションでお風呂の老朽化が気になっているという方もいます。
マンションが賃貸ではなく自分の持ち物であればリフォームを考えることもできますが、浴室のリフォームは色々と考えなければならないことも多いですし、階下、両隣の方に迷惑をかけないようにしなければなりません。
マンションで浴室をリフォームする際の注意点をよく理解し、納得のいくお風呂を作りましょう。

管理規約に反するリフォームにならないか注意が必要

一軒家のお風呂は一般的に外に面するところに作られていることが多く、窓によって換気ができるような作りになっています。
しかしマンションの場合には浴室に窓がなく外に面するエリアではないところに作られていることも少なくありません。
気持ちよくお風呂に入りたい、換気をしっかりしたいと考え、外に面した場所に浴室を移動させたいと考える方も多いです。

お風呂のリフォームでも外観が変更されることは通常、管理規約に違反することになります。
そのほか、浴室を移動させることで専有部分ではなく共用部に変更が必要となる場合も、通常認められることは少ないでしょう。
こうした専有部分以外、外観なども含めて影響が出る可能性がある場合は、必ず管理組合などに確認しどこまで影響が許されるのか、確認が必要です。

元のお風呂よりも小さくなる可能性がある

比較的新しい建物の場合はお風呂にユニットバスが利用されています。
築年数が長い古いと在来工法の場合もありますが、在来工法からユニットバスに変更したいという時には、お風呂自体が狭くなる可能性が高いのです。

元々マンションのために作られたシステムであるユニットバスは、集合住宅に適した特徴を持っています。
防水性にすぐれ湿気にも強いので、一般的にお風呂をリフォームする場合はユニットバスへの工事が多いです。 在来工法をユニットバスにする時には、浴室にユニットバスのシステムをはめ込むことになりますので、現在の床面積よりも狭くなることがほとんどです。

浴室の移動ができないこともある

今ある場所から浴室を移動させたいと思っても、古いマンションの場合は移動ができないことがあります。
お風呂は水をたくさん利用しそれを排水することが必要ですが、排水するだけの勾配がないと水が流れず大問題となる可能性が出てくるのです。
築年数が長い建物ほど、排水管が天井裏にあることも多く、こうなると移動することが難しくなります。

工事前後にはご近所さんに説明とあいさつをしっかり行うこと

集合住宅ではどのような工事であっても、隣近所、上下の方に迷惑をかけることになるので工事の説明、かかる期間、騒音等で迷惑をかけることなどあいさつに行くことが必要です。
業者の方と一緒にあいさつ回りに行くのが一般的でしょう。

工事ではかなり大きな音が出ますし、いつもはいない工事関係者がマンション内に入るのでご近所さんへのあいさつは欠かせません。
管理組合にも連絡し、何が必要なのかルールについても確認が必要です。

できること・できないことをよく理解してリフォームしよう

一軒家の場合は、敷地面積に変更がない限り、住宅内のリフォームをどうしようと周囲に迷惑をかけることもありません。
マンションなどの集合住宅では共有部と専有部があり、いじれるところ、いじれないところがあるので管理規約などを十分理解して行う必要があるのです。

工事が終わってから工事について違反だとクレームが付き、工事をやり直すことになれば大きな費用が掛かります。
そういったことがないように、前もってできること、できないことを理解することが求められます。
管理会社にも確認を取り、工事予定期間など工程を出すことも必要です。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】