浴室リフォームのタイミングを考えよう

お風呂が古くなってきてそろそろリフォーム時期だなと感じるときがあります。
ただリフォームは様々な点を考慮してタイミングよく行うことが必要です。
日々気持ちよく利用したい場所なので家族の意思を確認して行うことも重要なことです。
どのタイミングで浴室リフォームを行うべきなのか、よく考えてみましょう。

浴室内の劣化が見られたらリフォームのタイミング

洗い場の床面の素材がはがれてきた、壁の汚れが取れにくくなったなど浴室の劣化が進んできたらそろそろ回収時期です。
長くお風呂を利用しているとどうしても壁の内部などに湿気がたまり湿気も抜けにくくなります

また水が流れにくく排水口の掃除などもしっかり行っているのに詰まりやすいという時もリフォームのタイミングです。
水が流れにくくなっているとにおいなども気になるようになります。


きれいに掃除をしているし日中は換気もしっかり行っているのに、お風呂の中が生ぐさいと感じる時には、排水口の奥、配水管に長年の汚れがつまり、流れにくくなっています。
改修することで排水管の劣化、中のつまりなども一緒に修理してもらえます。
浴室の設備に問題が出てきた時もお風呂のリフォームを考える時期でしょう。

家族の状況が変わるとき

お子さんが就職や進学などで実家を出てからお風呂をきれいにするということも多いです。
お風呂を作り直す時にはある程度の時間がかかります。
学校で部活をやっていれば毎日お風呂に入れないと困りますのでお子さんが家を出てからお風呂を作り直すことを考えるご家庭も多いようです。

家族の中に介護が必要な人が出たタイミングで行うというのも一般的でしょう。
古いお風呂だと浴槽の高さがあり、またがないと入れないお風呂もあります。
この場合、体に不自由が出てきた要介護のお年寄りには危険な浴槽となってしまうのです。
段差も気になりますし、浴室内にバーも設置したいのでこのタイミングでお風呂を全面的にきれいにしようというご家庭も多いと思います。

脱衣所の床が劣化したとき

脱衣所の床がぶかぶかして明らかに劣化を感じるとき、浴室のリフォームを行う家庭も多いです。
脱衣所の床が劣化している場合、シロアリの被害な度も考えられます。

シロアリは湿気を好むのでお風呂場などが劣化して水が内部で漏れるようになると、そこに居つくこともあるのです。
脱衣所の床がぶかぶかしているということは、床が水分を含み腐り、床が抜ける可能性もあります。

浴室の天井・壁にかびがはびこっている

浴槽にゆったりつかって天井を見るとカビが一面に・・・なんてぞっとします。
換気をしっかりしていても天井にカビが生えているということは、湿気が抜けず内部に水分がこもっている証拠です。
天井のカビは掃除もしにくく通常は付きにくく作られています。
そこにカビができるということは防湿効果がなくなり劣化しているということが考えられるのです。

お風呂の天井、壁、床などにカビがあるとお風呂で吸い込んでいることになりますので、健康上にもよくありません。
このタイミングでリフォームを考える家庭も多いです。

お風呂も長く使えば劣化する・・・タイミングよくリフォームしよう

お風呂などの水回りは、リビングやほかの居室と比較して湿気が多いところなのでどうしても劣化しやすくなります。
長年利用していると設備にも不具合が出てきて、水漏れ個所なども多くなるのです。
もう使えないとなってから作り変えることを考えるよりも、あらかじめ予算をためて自分たち家族が使いやすいようなお風呂に作り変えましょう。
タイミングよく作り変えることができればお風呂はまた癒しの空間になります。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】